Blog

FREE☆TALK

京都と大阪へ 〜4日目と帰る日〜

こんばんは!

北海道帯広市でネイルサロン&スクールを運営しております、

E-ori’s5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

 

 

つい先日に行っていました京都・大阪の旅、本日で最終となります。

お時間がありましたらお読み下さい!

①『京都と大阪へ 〜出発日〜』はこちらをクリックして下さい。

②『京都と大阪へ 〜2日目〜』はこちらをクリックして下さい。

③『京都と大阪へ 〜3日目〜』はこちらをクリックして下さい。

 

 

最終日となった13日(土)は、結構お疲れモードでしたのでホテルを少し延長してチェックアウトし、ずっと観たかった美術館へ午後から行きました。

60

細見美術館で只今開催中の、春画展です。

4/10(日)まで開催されているようです。

 

タクシーに乗り、「細見美術館まで」告げると、

運転手さんが、「春画でっか?」と仰るほど、沢山の方が訪れているようでした。

小さな美術館に大型観光バスで観覧者が訪れる事もあるようで、渋滞して仕方がないと運転手さんが漏らしていたほど。

 

確かに館内は小さくて、展示も3つのお部屋に分けられていました。

この日もお天気があまり良くなかったにも拘らず、観覧者が多くて外は天気が悪くて寒いのに館内は熱気で暑かったです。

 

美大生なのか、正直照れてしまうような絵の前で、女の子2人が、「国芳の絵、本当にいいぃ❤ すっごく綺麗ー!」と惚れ惚れ見ている姿には、色んな堪能の仕方があるもんだな、と感心しました。

 

私の場合はやっぱり’絵’として楽しみ、贅沢に金粉や和紙を使った絵だったり、

お着物の柄や屏風の細かな絵付けには、すっごく感動しました!

 

『春画は江戸時代には笑い絵とも呼ばれ、性的な事柄と笑いが同居した芸術性の高い肉筆画や浮世絵版画の総称です。特に欧米では、19世紀末ジャポニスム時代以降、高い評価を得てきました。近年では、2013年から2014年にかけて大英博物館で開催された「春画 日本美術の性とたのしみ」展が大きな話題を呼びました。

 

 このたび、東京の永青文庫で昨年、開催された日本初の「春画展」が京都に巡回するはこびとなりました。デンマークのコレクターをはじめ、日本の美術館・研究所や個人が秘蔵する鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾北斎といった浮世絵の大家による「春画の名品」が勢揃いします。

 さらに、京都の西川祐信や大坂の月岡雪鼎の作品を通して、上方ならではの春画の魅力に迫り、狩野派や土佐派・住吉派と春画との関係もさぐります。大名から庶民にまで広く愛された肉筆と浮世絵が一堂に揃うまたとないこの機会に、ぜひ「春画の魅力」をご堪能ください。

※細見美術館、春画紹介から引用させて頂きました

と書かれているように、本当にエロティックと言いますより、先代の時代背景や、男女の在り方が見て取れるのでとても面白く見られます!

 

61

春画をBookにまとめた画集と、Wの作りになっているクリアファイルを買っちゃいました!

 

ベッドシーツにデカデカと春画が描かれたものも売られていましたが、何と数十万のお値が付いていました!

 

京都最後のこの日、京都の実家で最後のお泊りをしたのですが、お天気がとても悪く雨も強くずっと降っておりましたので、出掛ける事はせず、連日の疲れもありましたので早々と休みました。

 

深夜、雨足は強くなる一方で久々に雷や稲光を体験しましたよ。

 

そしてバレンタインデー、

この日に帯広へ帰ってきました。

62

羽田空港周辺が荒れているようで、欠航になっている飛行機もありましたが、私は何とか羽田までは予定通り辿り着けたのですが、帯広行きの飛行機が遅れてしまい、予定から50分近く遅れて到着しました。

 

遅れた原因は雪が降っていると聞いていたのですが、帯広に着いてみると雨が降っていたので、逆にびっくりしてしまいました!

 

2月なのに雪ではなく雨が降る事もあるのですね。

 

一難去ってまた一難で、帯広空港で家の鍵を付けたキーケースをホテルから送ったバッグに入れているのに気付き、予定外の車を空港の駐車場に置き、市内まで行くバスに乗り込んで鍵屋さんに来てもらって家を開錠してもらいました。

 

寒さの中、鍵屋さんを20分待って体が冷え冷えになってしまいましたよ。

 

そんなこんながあった京都・大阪の旅でしたが、今回は予定していた所は半分しか行けなかったので、また行った時にリベンジしたいと思います。

 

ーENDー

 

Posted at 2016年02月17日 19時07分13秒

京都と大阪へ 〜3日目〜

こんにちは!

北海道帯広市でネイルサロン&スクールを運営しております、

E-ori’s5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

 

 

 

 

バレンタインも過ぎて、2月も折り返しに入りましたね。

やっぱりこの分じゃあっという間に3月に入り、あっという間にゴールデンウィークも終えて、夏休みが来て、木の葉が舞い落ちる季節になり、年末…という、あっという間パターンになりそうです。

 

やりたい事は思い立った時に始めないと、すぐに時は経って行ってしまうますからね、

私も今年は悔いなくチャレンジしようと思っています!

 

 

さて、つい先日に行っていました京都・大阪の旅、

①『京都と大阪へ 〜出発日〜』はこちらをクリックして下さい。

②『京都と大阪へ 〜2日目〜』はこちらをクリックして下さい。

 

 

3日目の12日(金)は、早起きをして八坂神社へお参りに行きました。

本当はお着物を着て参拝したかったのですが、午後から大阪に行く予定がありましたので洋服で。

 

10

四条通にあるだけあって、八坂さんはいつも参拝客で賑わっています。

出店も沢山出ていました。

 

 

11

毎年必ず1度はお参りしに来ています。

八坂の神様は夫婦の神様がお祀りされていて、皆様ご存知の祇園祭は八坂神社の祭礼です。

お祭りの時は多くの人が京都市内に集まるので一層賑やかになります。

 

 

12

舞殿の方で巫女さんや神主さんが何やらしていました。

 

 

13

すると、「花嫁さんが通りまーす、道を開けて下さいー! 少しの間、道を開けて下さいー! ご協力お願いしまーす!!」との声で、間もなく花嫁行列が出てきました。

 

私の時は、十二単を着て、桜の季節だった事も相まって、沢山の方が八坂神社に参拝に来ており両端から沢山の拍手と「おめでとう☆」のお言葉を頂きました❤

 

十二単と束帯に刀を携えた夫を珍しかったのでしょう、多くの外国人の方はビデオや写真を沢山撮られておりました。

 

あぁ、懐かしい!

 

 

14

今年初めてのおみくじは、半吉でした。

でも書いてある内容はとても良かったです。

おみくじを引く時は、お願い事や神様に尋ねて事を強く念じてから引くと、その答えが書いてあるそうな。

 

大吉や凶や、半吉という事よりも、内容が重要なんだそうです。

 

そしてお昼頃に、大阪へ移動して私が大好きなずっとお世話になっている社長と合流し、人生初の高級時計を買いました!

 

チョーカーや、指輪、時計のような体にぴったり添うアクセサリーがあまり好きでなくて、ずっと時計は携帯で見ていたのですが、社会人になり、仕事であちこち飛ぶようになって、時計が無いと困る場面が多くなったので、思い切って全く興味が無い時計を買う事になっていました。

 

高級物には詳しい社長に色々アドバイスを頂き、やっとお気に入りが見付ける事ができました❤

無事、「私のミッションは成功した!」と言ってエスコートしてくれた社長さんとは別れ、その後、京橋というところで懐かしい方と待ち合わせて、ディープな屋台?のお店に招待されました。

 

15

’居酒屋「とよ」’という、お店です。

店構えや雰囲気は、大阪が集約されたようなお店というイメージなのですが、常連さんには料理ほんの編集長さんや、私達が行った時同席した方は、ソムリエ会の会長さんでした。

 

そうそうたる方々が来られるだけあり、味良し、食材は珍しいし、コスパも良い!

 

初心者さんでは入りずらいお店なのが難点ですが。

16

炙りをしているおっちゃんですが、上記の写真でお分かりかと思いますが、バーナーで炙っている側から自分の手も添えて、炙り加減を手で判断しているそう。

職人魂ですな!

 

今回、京都とこちらのお店を利用して思ったのですが、京都はお皿1つお客さんの前に出すのにも気を遣って丁寧に出しますし、お客さんが帰られる時は外まで見送りに出てきて、見えなくなるまでお客さんの後ろ姿を見送っているんです。

 

こちらの大阪のとよさんは、京都の丁寧さではありませんが大阪らしく、「いらっしゃいませ」や、帰られる時の「おおきに!」をとにかくバカでかい声でどんなに忙しくても顔を必ずお客さんの方までひねって向けるようにしてお客さんに伝えるんです。

 

そして、忙しいのにお客さんが帰り際に何か話してきても対応するんですよね。

手を動かしながら、笑顔で!

 

客商売の在り方を改めて、「私、商売上手な関西で沢山学んでいたはずだけど、今ではお客さんの対応は変わってしまったのではないかな」反省しました。

 

お客さんのおもてなしをしっかりしていれば、ちゃんとお客さんってついてきてくれますもんね、

接客業を改めて京都大阪の商売人さんを見て反省しました。

 

 

この後、別の場所に移動して海鮮韓国料理をまたご馳走になりました!

 

~To be continued~

Posted at 2016年02月16日 17時14分51秒

京都と大阪へ 〜2日目〜

こんにちは!

北海道帯広市でネイルサロン&スクールを運営しております、

E-ori’s5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

 

 

 

昨日、羽田行きも帯広行きも条件付き運航となっており、帯広到着は予定から50分ほど遅れましたが、無事に帰って来る事ができました。

無事、と言えば無事なのですが、帰って来てからも一騒動あり、簡単にお家に入れないというアクシデントもあったりしましたが…。

そのお話はまた後程。

 

①『京都と大阪へ 〜出発日〜』はこちらをクリックして下さい。

 

ところで、今回の京都&大阪の旅、
あっという間の旅でした。

正直、ちょっとお疲れモードです。

毎日誰かと会い、バタバタしておりました。

会える人達がいる事はとても幸せだと分かりつつも、お休みは完全にオフモードになるので寝ていたいと片隅で思ってしまいます。。。

 

2日目は、お昼過ぎにお出掛けしました。

大好きな晴明さんに会いに、晴明神社へ。

晴明神社へは初詣となりますので、お着物を来て出掛けました♪

 

10

立春を迎えましたからね、春らしいピンクのお着物に、梅など植物の柄が入ったお着物を着ました。

 

 

11

青地に蝶が入った帯に、オレンジのチェックのストールを帯揚げに、帯締めはターコイズブルーと白地にグリーンの❤が入った2本使いにしました。

帯留めと根付には蝶のモチーフを添えて、春を強調してみました!

そして首周りですが、茶やブルーやベージュのボーダーの半衿に、赤地に白レースが入った伊達衿を重ねました。

レース、大好きでよく使うアイテムですね!

洋服のように普段着として着ると、レースってかなり必須アイテムになるように思います。

お着物のパキッと感が、いい感じにレースで中和されて、洋服感が出るんですよね。

 

レースアイテム、もっと増やしたいなぁと思います。

 

12

帯ですが、真後から撮れなかったのでちゃんと見られませんが、変形銀座結びをしています。

 

青地に大きな古典の赤い蝶柄がとても映える、素敵な帯なのですよ❤

 

右の耳には白い大きな蝶が揺れるピアスに、左耳にはお花のイヤーカフとボールピアスを合わせました。

 

13

五芒星が輝く、晴明さんの鳥居です。

これを見ると、「あぁ、会いに来れた❤」と思います。

晴明さんは、私の心の彼氏です(笑)

 

14

もう何回も参拝に来ておりますが、お正月じゃない平時にこんなに沢山の参拝者がいるのは珍しいのではないかというくらい、賑わっていました。

 

私はいつものように、御朱印を頂き、家の鬼門用と車用と通常用のお守りを頂き帰りました。

 

この後、三条通りを散策しながらお着物屋さんを訪ね歩いてお買い物をしながら、遅いお昼ご飯などを頂きました。

 

散策中に見つけたこちらのギャラリー、

15

100年前に創られた刺繍を復元している、というお店です。

店内には素敵な孔雀が壁にかかっており、とても素敵でした★

こういうのが、街中にあるのが京都らしいですよね❤

 

 

手一杯にお買い物をしていた頃、某大学の新教授さんの就任のお祝いの席から、新教授さん直々に「2次会に来ないの?」とお誘いを頂きましたので、少し会場にお邪魔をして、夕食は木屋町にある落ち着いたおばんざい屋さんで頂き、相変わらずこの日も深夜1時頃にホテルへ戻りました。

 

普段歩きませんし、しかも連日深夜まで活動しているので、確実に疲れが溜まり始めていました。。。

 

 

~To be continued~

 

Posted at 2016年02月15日 15時02分41秒

京都と大阪へ 〜出発日〜

こんばんは!

北海道帯広市でネイルサロン&スクールを運営しております、

E-ori’s5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

 

 

 

 

この時間、京都はバケツをひっくり返したようなすごい大雨が降っています。

時折雷も!

久し振りに雪ではない雨粒の音を聞いています。

それにしましても、帯広でもこんな大雨は滅多に降りませんもんね、

数日の滞在で、雨と晴れに加え、今日は17℃、来た10日(金)は6℃と、これまた寒暖の差も味合わせて頂きました(笑)

 

 

さて、10日(金)に最初に訪れましたのは京都です。

 

 

image

 

羽田を夕方トランジェットしたのですが、夕日がとても綺麗でした!

飛行機からの夕日もまた一興です。

 

      image

 

 

大阪上空です。

伊丹に降り立ちこのまま京都へ向かい、ホテルをチェックインすると夕食を頂きに祇園へ。

 

 

image

 

 

祇園のお店で京料理や、お写真の銀杏の炙りなど美味しく頂きました。

 

 

image

夜の四条通りです。

赤提灯が、京都らしいですよね!

 

この日は0時過ぎにホテルへ戻ると、旅疲れもあり早くに寝入りました。

 

 

~To be continued~

 

 

 

flower2048

※10日(水)~14日(日)まで実家帰省の為、お休みを頂いております。

仕事始めは15日(月)からとなっておりますので、この日時からのご予約をお待ち申し上げます。

その際のご予約は、ブログ下にあります、’コメント’の方か、メールの場合はこちらをクリックして頂き、、、

 

①メンバーズカードの番号とフルネーム(必ずどちらもご記入下さい。)、
②ご希望のお日にちとお時間、
③ご希望の内容、
④今の地爪は何か付いているか否か、
⑤アートをする際はどの様なものか、  を書いて、お送り下さい。

個人が特定される情報は伏せますので、ご安心してご利用下さい!

沢山のご予約、お待ちしております。

flower2048

 

Posted at 2016年02月14日 0時21分56秒

この映画にドハマりしています!

こんにちは!

北海道帯広市でネイルサロン&スクールを運営しております、

E-ori’s5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

 

 

 

 

去年の11月に、たまたまつけていたチャンネルでしていた番組。

 

ご存知の方も多いと思います、

1

中国の歴史ドラマ、’宮廷の諍い女’です。

 

最初、見るつもりもなく合わせていたチャンネル、というだけでしたので、ほとんど見る事もなく、チラ見程度だったのですが、何と私が大好物の大奥的な、女の闘いをテーマにした内容だと知ってからは、ハマりにハマってしまいました。

 

今、平日の11:30~やっていますよね。

 

私が知った時にはもうある程度まで物語が進んでしまっていましたので、最初から見たい私は、いつでしたか深夜0時を過ぎてから帯広内のTSUTAYAさんを数ヵ所訪ね歩いた事もあります。

 

店員さんの非常識な対応に夜中から怒る気も失せる事など、色々ありましたが、結局どこのTSUTAYAさんにも置いていないという事で、今はよく利用するTSUTAYAさんでDVDをお取り寄せしてもらい、見ています。

 

お正月もお宿でほぼ、DVD鑑賞していましたし(笑)

 

それほどドハマりしているのにはわけがあります。

 

まず、キャストの女性陣がみんな美しい!

韓国の人工の美しさと違って天然のお顔立ちな気がします。

なので、それぞれに個性があって見ていて飽きません。

シワもたるみもあるけれど、それでも品があって美しいように思います。

 

そして何より、豪華絢爛な衣装や装飾品、宮の内装は贅の限りを尽くしたセットなので見ていて楽しくなっちゃいます♪

 

そして昔、歴史上の中国の高貴な女性の薬指と小指に付けられた’護指’を見た時、「変なお洒落! おかしい」と思ったことがあります。

ですが、この場番組を見て、護指に対する違和感は全くなく見ていられたのです。

 

しかも、その護指に施された装飾も素敵で❤

 

そして番組内でも話題に度々上がる、刺繍ですが、中国には三大刺繍というものがあり、

●汕頭刺繍(すわとうししゅう)

●蘇州刺繍(そしゅうししゅう)

●相良刺繍(さがらししゅう)

とあります。

上記はお着物にも用いられており、超高級と言われている汕頭刺繍(すわとうししゅう)のお着物を着付け教室で見た時、「わぁ❤」とため息が出たのを覚えています。

 

1つ1つ手刺繍で施される技術には、感銘を受けます。

それをこの番組では、刺繍を施している場面も見る事ができます。

 

また、私も好きな験担ぎの話題も多く出るので余計惹き込まれるんですよね❤

 

そして中国と言えば大きな教え、論語も数多く出てくるので、番組を見ながら悟りの境地です(笑)

 

 

DSC_0883

護指を付けていないお爪も綺麗。

アクリルをしているのかなぁ。

 

 

DSC_0882

そして女性の頭に乗せられている飾りがまたそれぞれあって綺麗なのです。

 

 

本当に見ていて全てが最高!

中国に行ってみたいと思ってしまうほど!

 

食の安全とか、環境保全とか、(反日感情とかも怖いですね)それらが無ければ行きたいですね!

 

さて、来週には最終回を迎えるこの番組、

日本人と違う感性で番組造りをしているので、「次、こうなんじゃないかな」と想像しても、面白いほど裏切ってくれるので楽しみです♪

 

Posted at 2016年02月06日 14時40分23秒

TEL 0155-47-3315
FAX 0155-66-4222
定休日 不定休
営業時間 11:00~不定時
Copyright 2007 c E-ori’s5. All Rights Reserved.