Blog

FREE☆TALK

沖縄の年末&年始 ~9~

こんばんは!

北海道帯広市でネイルサロン&スクールを運営しております、

E-ori’s5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

 

 

 

2月も2日目が終わろうとしていますね。

本当にあっという間です。

ですのでお正月のお話を完結したいと思います。

 

これまでの記事は、

①、『沖縄の年末&年始 ~1~』

②、『沖縄の年末&年始 ~2~』

③、『沖縄の年末&年始 ~3~』

④、『沖縄の年末&年始 ~4~』

⑤、『沖縄の年末&年始 ~5~』

⑥、『沖縄の年末&年始 ~6~』

⑦、『沖縄の年末&年始 ~7~』

⑧、『沖縄の年末&年始 ~8~』

各項目をクリックして下さい。

 

 

1/3、いよいよ沖縄から離れる日でした。

お昼過ぎに両親を伴ってレンタカーを返し、そのまま空港へ。

少し談笑をして、DFSでのお買い物を受け取る必要もあったので早目に両親と別れました。

何年経っても母は別れの時は泣くんですよね。

それに釣られず、私はもう泣かずにお別れできるようになりました(笑)

 

1

那覇空港に掲げられていたあいさつです。

逆にこういうのが、今は泣けてきます(笑)

 

 

2

お正月の沖縄では色々な催しが盛り沢山ですが、首里城ではこのような琉球王朝時代の催しも行われているそうです。

今年は見る事はできませんでしたが、いつか見てみたいなと思いました。

 

もしお正月に沖縄へ行かれる機会がありましたらご観覧されてみて下さい。

 

 

今回の年末年始の沖縄帰省では、お客様に「暖かかった?」と聞かれる事が多いのですが、

お返事ですが、「いいえ、寒かったです」です。

 

私が帰る前日までクーラーを入れているところもあったり、半袖で過ごしていたそうなんです。

それを聞いていたので、極寒の北海道から服や履物はどうしようか悩み、ブーツはやめて、何枚か半袖も持って行っていたんですよね。

ですが、私が着いた途端、急に冷え込んできたらしくて、我慢ができずに私はこたつを出してもらったくらいでした。

 

私が北海道から寒さを連れてきた、と言われましたけど(笑)

そして私が帰ったらこれまた途端に暖かくなったようで、明日の沖縄は25℃になるそうですよ。

 

沖縄の家の作りが夏の暑さを放出する作りなので、外気温と家の中の気温があまり変わらないんですよね。

ですので家の中の快適さは北海道が1番良いと私は思っています。

半袖を着てアイスクリームを食べている冬を過ごすなんて、北海道だけじゃないんでしょうか!

 

 

何はともあれ、2019年は家族団欒の時間をたっぷり過ごせた、良い1年の幕開けとなりました♥

少しずつ親孝行、の少しができたかな!

 

皆様の年末年始はどうでしたか?

そして今年もあっという間に過ぎていきそうですね。

悔いなく、1日を充実した日として過ごせるといいですね!

 

長々とお付き合い頂きましてありがとうございました。

 

 

 

~完~

 

Posted at 2019年02月02日 22時41分50秒

沖縄の年末&年始 ~8~

こんばんは!

北海道帯広市でネイルサロン&スクールを運営しております、

E-ori’s5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

 

 

 

明日からの準備もしたいのですが、引き続き年末年始のお話を書こうと思います。

 

これまでの記事は、

①、『沖縄の年末&年始 ~1~』

②、『沖縄の年末&年始 ~2~』

③、『沖縄の年末&年始 ~3~』

④、『沖縄の年末&年始 ~4~』

⑤、『沖縄の年末&年始 ~5~』

⑥、『沖縄の年末&年始 ~6~』

⑦、『沖縄の年末&年始 ~7~』

各項目をクリックして下さい。

 

 

あっという間に新年2日目、

相変わらず母はキッチンに立ち続けて揚げ物などをお料理していました。

私はゆっくりお昼頃に起きて、今回私が帰ってきて催促したように出してもらったこたつにすぐ入り、両親とおしゃべりをしながらゆっくり過ごして、お昼過ぎから沖縄の目的の1つのDFSへお買い物に出掛けました。

 

DFSの駐車場へ車を止めましたら、

ちょうど新春沖縄芸人漫才がしており、まさかの見入ってしまい、車から降りられずそこで1時間ほどテレビを見てしまったという!

そしてお気に入りの芸人さんを見つけてしまいました❤

’ありんくりん’っていう芸人さんですが、

まずは動画で彼らのお笑いを見てほしいです!

 

 

 

沖縄の方言が分かる方は面白いかもしれません!

…にしても、こんなに方言がきついのもなかなか周りにいません(笑)

 

 

方言が分からない方はこちらだと楽しめるでしょうか↓

 

ありんくりんはワールドワイドですし、2日にやっていたお笑い番組は、’O1GP’という毎年沖縄の芸人でNo1を決める番組でしたが、芸人さんの中には、沖縄で起きている事や沖縄の人が思っている事をお笑いで演出してるところもあるので、ある意味今の縮図として沖縄を知る事ができるな、と感じました。

「基地の事は笑いに変える事ができる」と、悲観的に考えている人ばかりではない、そう思えましたね!

そういうタフなところがウチナンチュらしいです!!

 

ありんくりんが優勝するまでを見届けて、やっとお買い物へ。

500

DFS内では、お正月という事で三味線と獅子舞と琉装の女性がお練りをしていました!

 

そしてDFSは元旦から福袋セールが催されていたそうで、開店前から入り口には長蛇の列ができていて、福袋があっという間に完売になるほど賑わっていたそうです。

ただでさえ免税品が更に安く買えるとなれば、とにかく何でも買おう!となるのは分かる気がします。

 

私がお買い物中にも、「はい、皆様~、次は〇時からここで福袋セールしますよ~! その時間まで特別に、今お集まりになっている皆様には中身をお見せしますからね~」とハンドベルをならしながら、黒人のスタッフさんがお客さんを誘導していました。

私も何ヶ所か覗きましたが、お正月のDFSは大枚をはたいてしまう危険性、大ですね。

買おうという衝動に負けないよう目的の物を吟味してお買い物をしたのが、、、

 

 

 

501

こちら!

プレゼントと、春から使う予定の春(張る)財布と、乾燥対策でファンデーションを変えようと思っていたので、リキッドファンデーションを、化粧品コーナーで働いている友人と偶然会ったので色々相談に乗ってもらって見つけてもらいました!

 

 

502

最終日のこの日、ずっと食べていなくて、これを食べないと帰れない物、A&W で、大好きなポテトとルートビアを購入して、飲み食いしながら帰宅しました。

 

そして夜に友人からお呼びがかかり、また最終日の夜もバタバタとお出掛けし、帰宅は深夜に。

 

結局、前半はとてもゆっくりできましたが、後半は行動し過ぎて疲れを溜める事になるという結果になりましたね(笑)

 

 

 

~To be continued~

Posted at 2019年01月27日 22時15分24秒

沖縄の年末&年始 ~7~

こんばんは!

北海道帯広市でネイルサロン&スクールを運営しております、

E-ori’s5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

 

 

 

新しい年が明けて、1月の最後のお仕事が今日で無事終わりました。

明日から長期で連休を頂きます。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承をお願い致します。

 

…という事であっという間に1日が過ぎて行きます。1月も残り4日で終わりですもんね。

本当にあっという間です。

ですので年末年始のお話を早速していきたいと思います!

 

これまでの記事は、

①、『沖縄の年末&年始 ~1~』

②、『沖縄の年末&年始 ~2~』

③、『沖縄の年末&年始 ~3~』

④、『沖縄の年末&年始 ~4~』

⑤、『沖縄の年末&年始 ~5~』

⑥、『沖縄の年末&年始 ~6~』

各項目をクリックして下さい。

 

 

6でお話したように、元旦は沖縄本島北部の方で色々と楽しい時間を過ごしました。

辺野古埋め立て地の関連施設に少し凹む事もありましたが、

お昼過ぎに北部方面にある、父方の親戚のお宅を訪ねました。

そこで久し振りに親戚に会い談笑して、楽しい時間を過ごした後、ここからすぐの所にある美ら海水族館へ!

 

500

年末年始の特別タイムで、美ら海ナイトアクアリウムが開催されており、遅い時間まで見る事ができましたので行ってみたかったのです。

 

 

501

行った事がないわけではなかったのですが、夜の展示がどう見せてくれるのか興味があったのと、

ファミリーで想い出を作れるな、と思ったんですよね♪

 

ただ、美ら海は海側にあるので風があって寒かったし、

家族一同激眠で疲れていたので、駐車場に止めて降りた時から、皆文句ブーブー言っていましたけど(笑)

 

502 503

大きい魚や癒されれるクラゲ、

 

 

504

なぜかハマる、チンアナゴや、

 

 

505

1番大好きな深海動物のダイオウイカの剥製を見たりました。

 

ジンベイザメが2匹いる大型水槽の前って今、こたつやソファが置かれているんですね。

皆さんかなりお寛ぎになってお魚を見ていました。

私達一行はサラーっと見終わった後、入り口で撮ってもらった記念写真を頂き、美ら海水族館を後にしました。

 

 

 

506

元旦に撮った、お正月バージョンの家族集合写真です。

1年に何回かしか揃う事がないので、こうやって家族写真を撮るのは特別嬉しい事ですね♪

 

2時間以上のドライブ中はみんな疲れているはずなのに、珍しく誰1人眠る事なく、おしゃべりしまくりながら帰路につきました。

 

元旦の沖縄もとても良いものですね❤

新年早々から、濃密な時間を過ごす事ができましたよ!

「1年の計は元旦にあり」といいます。

元旦から暖かい時間を、24H目一杯過ごしたので、今年は良い年になりそうです♪

 

 

 

~To be continued~

Posted at 2019年01月27日 21時06分08秒

焼き肉も頂ける炉端屋さん!

こんばんは!

北海道帯広市でネイルサロン&スクールを運営しております、

E-ori’s5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

 

 

先週末、炉端屋さんへ行きました。

 

500

 

’炉ばた炭焼き 膳’は、偶然見つけたのですが、初めての所だったので入ってみました。

お座敷席とカウンター席があり、

お座敷席では焼き肉を焼いて頂く事ができます。

カウンター席は炭火で調理しているのを見ながらお食事を楽しめます。

 

私は焼き肉が頂きたかったので、カウンター席はちょっと失敗でした。

でも、お座敷席はスーツの方で一杯でしたので、どちらにせよ予約をしておかないと入れなかったのかもしれませんね。

 

メニューが沢山あるので、色々楽しめるかと思います!

串も美味しかったのですが、トマトのお漬物がとにかく美味しかった!!

 

 

Posted at 2019年01月25日 16時31分23秒

沖縄の年末&年始 ~6~

こんばんは!

北海道帯広市でネイルサロン&スクールを運営しております、

E-ori’s5 NAILPRODUCE(イオリズファイブネイルプロデュース)です。

 

 

今朝も報道番組で稀勢の里関さんの引退がやっていましたので、忙しい朝の時間ですが、またもしばしフリーズしながら見入ってしまいました。

あの引退会見、稀勢の里関さんの涙に記者の殆どの方も泣いていて、中には嗚咽をあげて泣かれていた方もいたそうです。

まだ初場所は続いていますが、味気無さを感じてしまうのは私だけでしょうか。。。

 

 

さて、このお正月の沖縄のお話の続きをしたいのですが、

本日お話する沖縄は、’基地を抱える沖縄’として、いつの間にか何かと基地と絡む報道が多くなったと思う事について書いております。

長い内容となっておりますので、お付き合い頂ければ幸いです。

 

これまでの記事は、

①、『沖縄の年末&年始 ~1~』

②、『沖縄の年末&年始 ~2~』

③、『沖縄の年末&年始 ~3~』

④、『沖縄の年末&年始 ~4~』

⑤、『沖縄の年末&年始 ~5~』

各項目をクリックして下さい。

 

 

ホテルでお食事をした後、父方の親戚のお家へ新年のご挨拶がてらお仏壇に手を合わせに行きました。

「お仏壇に手を合わせる」事は、お家の方にご挨拶をする事と同じくらい、お宅訪問の重要な事だったりする沖縄。

なので、沖縄は亡くなった人を特に身近に感じる習慣が残る独特の文化があります。

大切な人を亡くすのはとても悲しい事ですが、お仏壇に向かって挨拶をしたり、語ったり、ご先祖様に会う為にお仏壇があるお家には、何かと人が集まります。

沖縄は、先祖供養の法要が毎月あって女性陣はその度に準備をしたり、ご馳走を作ったりして大変なのですが、今はとても素敵な習慣だなと、つくづく思います。

 

…と前置きが長くなりましたが、そんな沖縄、

基地問題は常に付きまとっていますよね。

 

ホテルでランチブッフェを頂き、1月でも綺麗なマリンブルーの海を見ながら満足していましたら、

母が、「お父さん! 山よ!! あんなになってしまったのぉ?」と言うので見てみましたら、

これまで何度となく通って見慣れていたはずの景色だったのですが、あまりにもピンと来ないほど、私達が知っている山原の山の変わり果てた姿がありました。

 

304

そのちょうど向かいに物々しく向こう側が見えないようネットがされて、入り口には警備して立っているガードマンがいる施設というか、そのような場所がありました。

左側にガードマンが立っているのが辛うじて写っているのがお分かり頂けますか。

 

 

 

 

305 306

山原の緑の山肌が突如として岩盤が剥き出しになった部分です。

あまりにもショッキングで呆然と見てしまっていて、

「あっ、これは撮らなければ!」と思った時には景色から遠のいてしまっていて、こちらの写真になってしまいました。

このお山から砂利を収集し、向かい側の施設に集めて運搬する、のだそうです。

 

どこに…?

 

 

 

307

それがこちらです。

 

去年8月に実家へ帰った時、

今リアルに起きている故郷沖縄の現状を私はよく知らない、と言った事で、父が社会勉強として見せに連れて行ってくれました。

 

308 309 310

この時は私達がテレビでよく見る反対運動員はいませんでしたが、ゲート入り口付近にはこのような建具がズラーっとあって、異様な雰囲気が感じられました。

 

 

311 312313

そしてゲート入り口には沢山の警官や警備員が、酷暑の中監視して立っていました。

 

暑い中、警備の為にただ立ってそこにいる方達の状況がとても無意味に見えて、非建設的に思えました。

 

そしてここから皆様に聞いてほしいのです。

この時、父が「シンキチの事はどう思うね?」と聞いてきたのです。

私は、「シンキチ? 誰よ??」と答えました。

同行していたImpoさんにも、「分かる?」と尋ねたら、

「俺が誰か分かるわけないやん?」と。

 

そして両親が、「シンキチじゃない、新基地さ!」と!

…イントネーションの問題でした(笑)

 

…と笑い話を聞いてほしいという事ではなくて、

この永く続いている沖縄の辺野古埋め立ての問題ですが、私は新しく基地を新設するのだと思っていました。

世界1危険と言われている住宅街の中にある普天間基地を、安全な海側に移設しよう、という計画だと思っていました。

皆様はいかがですか?

 

それが違うんです、’新’基地ではなく、今ある米軍基地の海側に増設するという事なのだそうです。

それを両親から聞いて私は、「すでにある所に増設するのに、何で、さも新に沖縄にまた基地を作るような報道のされ方になっているのだろう?」と不思議に思いました。

 

そして今回お正月にも両親と話したのですが、そもそも普天間基地を移設する代替案として、先程の山原のお山と続く、国頭村とゴルファーの宮里藍さんの出身地の東村にまたがる広大な面積を有する米軍の北部訓練場があるのですが、あの辺りに移設計画もあったんです。

辺りには養豚場などもあって、以前空からオスプレイなどの破片が落ちてきた事もあったそうです。

どうしてこの山原の山の移設計画が破談になったのか真意は分かりませんが、結局、陸続きの場所は人の営みがあり危険は変わらないし、誰かの土地だったりする事もあったりで、ややこしいかったのかと推測します。

 

そこで辺野古に’増’基地する案に至ったのではないかと。

 

私が生まれた頃にはもう米軍基地があって、今でこそ日本中外国の方を多く見るようになりましたが、

小さい時に、アメリカ人の旦那さんと沖縄外で一緒に歩くとみんな珍しそうに見るんだ、といとこが言っていた事があります。

「沖縄では青い目・金髪・黒い肌は珍しくないけど、沖縄以外ではかわいそうになるほど見られる」と。

 

私は小さい頃のクリスマスはアメリカ人のいとこの基地内の家で、ターキーを食べて、アメリカのクリスマスソングを聞き、アメリカンスタイルのクリスマスパーティをして育ちました。

 

戦中戦後を生き抜いた、おじいちゃんおばあちゃんのネイティブな発音の英語を聞いて尊敬していた事を覚えています。

 

学生の頃は戦闘機が何機も飛ぶ轟音の中授業を受けていました。

身内や友達は、イタリアとドイツのハーフ、韓国人、ネイティブインディアンとアメリカ人のハーフ、アメリカ人と日本人のハーフなどなど、多国籍です。

 

時々不発弾が見つかって処理のために通行止めのニュースもよくある事です。

今では知名度が高くなったスパムやタコライス、バドワイザーやハイネケンなどの海外ビールや、ダウニーやゲインなどの柔軟剤は、当たり前に近くにある物でした。

すぐそこにいる米軍さんなのに、私達の生活から嗅ぐ事は無いココナッツオイルの香りがよくしていて、匂う度に近くて遠い異国感を感じました。

 

アメリカで流行っている音楽はリアルタイムで友人やいとこからいち早く聞かせてもらえたし、映画も字幕なしで見れて、どこよりも早く沖縄は解禁でした。

今ではヘルシーとされて注目されている赤肉も、沖縄のステーキ文化では当たり前でした。

 

私にとって米軍さんは異文化に触れる事ができて知識や経験、学びを沢山積ませて頂いた存在です。

ただ反面、基地がある事で事故も起こっているのも事実です。

墜落事故は何度も起きていますし、婦女暴行事件も昔はよくありました。

同じ人間ですからね、生活をしていれば大なり小なりの民間との小競り合いはあるでしょう。

でも、基地周辺で米軍さん相手のお商売をされて生活してきた方は大勢いますし、賃金の安い沖縄は米軍基地内で働く事は公務員と同じ待遇でしたので人気の高い職業先でした。

 

今の沖縄って沖縄外の方から見たらどうなんでしょうか。

永く沖縄を離れた私が思うに、基地問題を抱える沖縄、というより、海が綺麗で暖かくて、ゆったりした時間を過ごしたい時に行きたくなる、

日本なのに海外のような場所、ではないのかな。

カラコンをした私は、「沖縄の人だから(こんな目の色)だと思った」と言われた事もありますし、

「沖縄の人は英語話せるんでしょ?」と聞かれた事もあります(笑)

 

今年で戦後74年になります。

アメリカナイズされた沖縄、が沖縄の魅力の1つになっているように思えてなりません。

 

ブログで沖縄戦のお話をさせて頂いた時、何度か書いた事がありますが、元自衛官で沖縄戦で亡くなった方のお遺骨を何十年も収集しておられる方に、沖縄と周辺諸国の地理関係を見ながら沖縄の位置的魅力について説明してもらった事があります。

沖縄は琉球王国時代から他国に領土を狙われてきました。

それは沖縄の位置がとても良い場所に位置している事が起因しているとの事でした。

領土問題はいつの時代もどこの国でも、ご御多分に洩れず戦争に繋がる問題ですよね。

 

石垣の祖父は生前、「船で漁をしているとすぐ側で隣国の船がウロウロしていて、とても怖い」と話していました。

家を泥棒から守るにはセコムを入れるように、領土を守る為には一定の抑止力策が必要ではないかと思うのです。

 

2年前に起こりました、北海道の松前小島で北朝鮮船籍が一時避難という名の不法侵入をし、避難小屋のカギを壊して、中にあった携帯発電機や電化製品を窃盗し、太陽光パネルを外すなどの損害を与えていますよね。

更に船員の中には結核にかかっている事で、日本側は親切にも手厚く看護し、回復して帰国させたわけです。

北朝鮮と外交が無い為に、残ったのは修理費や盗られた物の補填代、また結核にかかっていた事で小屋を消毒した事にかかる手間や費用という莫大な損失だったそうです。

そもそもそこにフォーカスしているより、不審船を未然に分からなかったのかという、日本の危機管理体制に疑問が残るのですが。。。

 

…少し話がそれてしまいましたが、

でも、北海道の方にもよく、「沖縄って基地問題どうなんですか?」と聞かれる事がありましたが、北海道も北方領土問題を抱えていますよね。

沖縄と同じ問題を抱えているはずなのに、北海道の方の熱は冷めているように感じるのはどうしてでしょうか。

沖縄の問題はマスメディアに操られている節もあるので、過剰というか異常な部分はありますが。

 

戦後沖縄は、アメリカ側とどんな密約を交わしたか分かりませんが、沖縄の綺麗な海、絶滅の危機にあるサンゴ礁、そこに生息するジュゴンなどの生き物達を、私達沖縄県民は守っていかないといけない自然という財産があり、

かたや、沖縄の素晴らしい領土を守るために、諸外国の脅威からセキュリティを強化していく必要も迫られているのも現状です。

話し合いで分かり合える相手ばかりではないから、戦争は起こるのですから。

 

これまでの世界史の中で、戦争を70年以上の間起こしていない過去はないそうです。

悲しいかな人は繰り返す生き物のようです。

でも学びながら教訓を活かしながら、平和に諸外国と折り合いをつけていく事は日本だからしてほしいと思います。

 

3日前に、辺野古の埋め立てが2割終了したとか。

この埋め立ての反対運動には芸能人や、Queenのギターリストの方も、ホワイトハウスへ中止の嘆願書の署名に賛同していると報じられていました。

 

でも、沖縄は例えば米軍基地が完全撤退したとしても大丈夫と言えるのかな。

去年、武装勢力に拘束されていたジャーナリストが解放された報道がありましたが、ある方が、「報道しなければいけない真実を収集するジャーナリストというお仕事は大切だけど、日本は外交能力と軍事の自立度が低いから、お金を絡ませた解決しかできない。結果、国民に迷惑をかけてしまうから日本人向きのお仕事ではないと思う」と仰っていた方がおりました。

なるほど、と思いました。

 

沖縄は来月、辺野古埋め立ての是非を改めて県民投票で民意を問うそうです。

ただ、何ヶ所かの市町村はしない意思を表しているそうです。

去年県知事になったアメリカ人のハーフのデニー知事は、辺野古埋め立て反対をマニフェストに掲げて2位と大差で選ばれたのに、なぜ税金を投じてまた辺野古の事を問う必要があるのでしょうか。

 

沖縄はこれからどう変わっていくのかな。

ただ、今回の山原の無残な山肌を見て、変わっていく沖縄をとても悲しく思いました。

‘増’基地が完成する頃、山原のあのお山はどうなっているんでしょうか。

失われた自然って、取り戻す事は容易ではないのに。

 

そんな側面もある沖縄の事、皆さんも考えてみてくれたら嬉しいです。

今日は私の私見でお話させて頂きました。

長々とお付き合いありがとうございますね!

 

 

314

沖縄戦終焉の地、摩文仁の丘からの海。

 

 

 

~To be continued~

 

 

Posted at 2019年01月17日 21時34分15秒

TEL 0155-47-3315
FAX 0155-66-4222
定休日 不定休
営業時間 11:00~不定時
Copyright 2007 c E-ori’s5. All Rights Reserved.